スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

ニカラグア

こんにちは。
まだまだ蝉は鳴いていますが、
やっと暑さの厳しさも
少し和らいできましたね。



今日はコーヒー豆の紹介をします。









当店のニカラグアは
ニカラグア出身のゴメスさんの会社から仕入れています。

スペシャリティコーヒーのみを取り扱ってます。

今回仕入れたニカラグアは
ブルボン種100%のエル・ボスケ サンタ・マウラ農園の豆です。

毎回、コーヒー豆と一緒に
豆の紹介が書かれたお手紙が届きます。
今日はそちらの手紙を元に紹介します。






エル・ボスケ農園は、ニカラグア北中部のヒノテガ県にあるサンタ・マウラ農園の中央に位置し、100%ブルボン種を栽培しています。


自然保護区にある谷や渓流は
濃厚な霧に包まれ
ここではニカラグアが誇る多種多用な植生物を鑑賞することができます。

世界に二つとないこの自然の楽園は、学生や科学者、国内および海外の来訪者たちに大変喜ばれています。

生息する植生物は18~23度と気候も安定した海抜1,050~1650メートルに生息しています。

ここは、コーヒー栽培に非常に適しているのです。

この農園は100年以上の歴史を持ち、
ニカラグアでも最初にできたものです。



ニカラグア国内の他の地域同様、
この農園でもコーヒーはシェードツリーの下で栽培され、柑橘類やバナナ、カカオといった植物と一緒に栽培されているためコーヒーに特徴的なアロマや風味を与えてくれます。



サンタ・マウラ農園では40ヘクタールの小さな農園ごとに大事にスペシャルティコーヒーを栽培しています。

収穫時期には1000人以上がコーヒー手摘みをするためにここで働きます。


農園内の敷地はコーヒー栽培の他に牧場や農園として使用されています。

また、ここで働く家族の子供たちが通学できる学校や家族が無料で利用できる小さな病院も農園内にあります。


この農園の労働者たちへの
こういった配慮もコーヒーを輸入する弊社との取引の一部です。

ですから、お客様が愉しまれる一杯のコーヒーもコーヒー農園で働く方々にしっかりと還元されているのです。





--------------------------


ぜひ、コーヒーを飲みながら、このコーヒーが生まれたところ、そこに暮らす人々にも 思いを馳せてみてはいかがでしょう。
スポンサーサイト
Date: 2012.09.11
Category: 取り扱っている豆
Comments (0)
Trackbacks (0)

森の音のコーヒー豆の種類


準備中です。

Date: 2010.05.18
Category: 取り扱っている豆
Comments (0)
Trackbacks (0)
プロフィール

森の音

Author:森の音
自家焙煎珈琲と小さなギャラリー
森の音-もりのね-

珈琲豆の販売いたします

住所 埼玉県北足立郡伊奈町小室5059-1

埼玉新都市交通(ニューシャトル)
伊奈中央駅下車徒歩5分

℡048-677-8916

 営業時間【pm11:45-pm19:00】
 定休日【火曜日・水曜日】

管理人:スタッフのもえこです。
至らないところもございますがよろしくおねがい致します。


大きな地図で見る

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

photo
検索フォーム
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。